1. TOP>
  2. 会社情報>
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

「ONE TEAM」 5年先を見すえて

「ONE TEAM」、これがスターツ出版の今期のスローガンです。
各部門が、同じ目標に向かって「ONE TEAM」で推進。そのためには、一人ひとりの役割・責任・目標が大切で、とりわけメンバーを率いる司令塔の熱意・戦略・推進力が大事なのは言うまでもありません。

2020年、子年。節目の年でもあり、5年先の2025年を見すえて経営の舵を取りたいと思います。
昨年、「旅」「街」「ライフスタイル」という領域軸を強化し、大きく組織変更を行ったマーケットソリューション事業部は、徐々に人が育ち、営業と編集がタッグを組んだ、連携プレーができるようになってきました。OZのブランド力を基軸とした様々なアセットを組み立てて、都心商業施設やナショナルクライアント、そして地方自治体まで、くまなく販売促進やブランディング強化のソリューション提案を行っていきます。
オズモールプレミアム予約事業部は、レストラン、ビューティサロン、ホテルや宿といった厳選店舗の掲載数を増やすのはもちろん、いかにユーザーに認知度を高め、利用していただくかに力を注ぎます。法人向けの「大人数予約コンシェルジュサービス」や「OZのオンラインギフト」といった新サービスもスタートしました。
文庫やコミックを発行する書籍コンテンツ事業部では、新レーベルも創刊予定。好調な電子コミックは、「異世界ファンタジー」や野いちご文庫発の電子コミック「noicomi」の発刊数を増やします。

そして2020年の今から、5年先に向けた打ち手に着手します。OZのプレミアム予約がスタートして早17年。当時20代後半だったコアユーザーも、すでに40代後半。5年以内に50代、子育て卒業世代に入ります。日本の人口ピラミッドでは、日本経済を牽引する「団塊ジュニア世代」は、20代の1.6倍。オズモールユーザーも、40~50代の利用が増えてきました。


「未来は自分達の手で創る」。
時代の変化を敏感に感じ取り、5年後に向けた新たな一歩を踏み出す元年といたします。

今年もよろしくお願いいたします。


スターツ出版株式会社 代表取締役社長 菊地 修一

2020年1月20日

  1. TOP>
  2. 会社情報>
  3. トップメッセージ