1. TOP>
  2. 採用情報>
  3. ◆先輩メッセージ>
  4. 企画営業「レストラン」

企画営業「レストラン」

お店に地道に向き合い、魅力をプランに
落とし込むことで、エリア全体の売上に貢献

 

■「モノ」以上に、今よりちょっとハッピーになれるような「コト」を企画したい
前職は化学メーカーで、MRといわれる医薬品の営業でした。命にかかわる商品のため、「正しい情報を的確に伝えること」が最重要視される業界。もっと相手のニーズに合わせた提案が自由に出来たらいいのにと、もどかしさを感じるようになりました。
そもそもメーカーを志望したのは、将来的に商品企画を担当したかったことが理由ですが、「モノ」にこだわらなくても、今よりちょっとハッピーになれるような「コト」を企画してみたいと思うようになり、転職を決意しました。
スターツ出版を選んだ理由は、「オズマガジン」の世界観が好きだったこと、旅行や食べることが大好きで、「オズモール」のサービスに魅力を感じたからです。自分の「好き」に絡むコンテンツが豊富なことと、内定後にお話しした先輩方が、活き活きと仕事をされていると感じたのが決め手になりました。
入社後はオズモールのレストラン予約グループに配属され、六本木や麻布十番といったエリアの担当になりました。お店のニーズに合わせて自分のアイデアを形にできる仕事は楽しいと感じていましたが、お店の魅力をしっかりとユーザーに伝えるためには、まず自分がお店をよく知るための行動量と、それを表現するための企画力が必要です。


■オズモールの季節の記事にあわせ、シーンにあわせたプランを提案
先輩から引継いだ東京ミッドタウン内のあるレストランでは、引継ぎが上手くいかず行き違いが発生してしまい、担当者から強めのお叱りを受けました。こちらはヨーロッパで人気を博したフレンチレストランで、日本へは初出店。季節に応じ世界各国から仕入れたトリュフを使用した料理と、庭園を一望できるロケーションが特徴でした。まずは月一回、定例で打合せを設けることになりましたが、敏腕でスピード感のある担当者に当初はなかなかついていけず、はじめの数ヶ月間はリーダーに同行していただきました。毎回の定例会の中でオズモールの季節ごとの記事に合わせたプラン提案を行い、冬はクリスマス、春はお花見、夏はテラス席など、シーンにあわせたプランを制作。夏に人気の高かったシャンパン特集は、店舗のフレンチ料理と贅沢なロケーションにマッチングすると思い、シャンパンをゆったり楽しめる3時間フリーフロー(飲み放題)プランを提案したところ、価格が高かったにもかかわらず大ヒットプランになりました。単に「シャンパン」という書き方ではなく、銘柄を明記したことで、ユーザーの口コミにも「この銘柄が3時間もフリーフローなんて、オトクすぎる」という評価をいただき、担当者にも、「魅力が伝わってよかった」と喜んでいただけました。

■「大切な人のために、素敵な時間を過ごすお手伝いをする」仕事
こうした形でひとつひとつの店舗と地道に向き合う中で、気づけばエリア全体での売り上げを伸ばすことができました。改めて、オズモールの「大切な人のために、素敵な時間を過ごすお手伝いをする」というポリシーを実現できていると感じます。友人からも、「いいお店探すときは、オズモールを使ってるよ!」と言われるのもうれしいです。
今後は、事業部をまたいだ企画を仕掛けてみたいという夢をもっています。「レストラン×街」や「レストラン×ヘルスケア」など、まだざっくりとしたアイデアでしかありませんが、オズモールの予約サービスにとどまらないメディア力を活かしてみたいと思っています。

 

ヒットプランとなった「シャンパンフリーフロー」。このお店の開放感のある大きな窓からは、ミッドタウン・ガーデンの緑が広がります。桜の季節には店内からお花見をしながら食事が楽しめ、夏は夜風が心地よいテラス席がオープン、冬はクリスマスイルミネーションを堪能できるので、四季に合わせた様々な特集をご案内しています。

  1. TOP>
  2. 採用情報>
  3. ◆先輩メッセージ>
  4. 企画営業「レストラン」