1. TOP>
  2. 採用情報>
  3. 先輩メッセージ>
  4. システムエンジニア

システムエンジニア

バーチャルな「情報」を
リアルな「体験」に。「使ってくれる人を
大切にしたい」という思いが原点

学生時代は軽音楽部に所属しており、自分たちの企画するイベントに、どうしたらたくさん人が集まってくれるかを考えていました。当時はtwitterやfacebookもあまり浸透していませんでしたし、LINEもなかった時代。今となってはもはや想像するのが難しいくらいですが、ホームページを作って告知を掲載したり、友達を増やしたりなど、集客のための試行錯誤を繰り返すことにやりがいを感じていました。そんな中出会った「オズモール」は、東京の女子たちの行動を喚起するコンテンツがたくさん詰まったサイト。「PCや携帯の画面に載っている情報が、リアルな体験に繋がっていく」ということが東京中で巻き起こっている。私もその一端を担えたら素敵だなと思ったのが、入社を決めた理由でした。

 

まったくの知識も経験もないところから、システムエンジニアになって3年目。現在はオズモールのスマートフォン領域を主に担当しています。以前手がけた案件では、ユーザーが掲載内容に対してコメントを投稿できる機能をつくりました。開発段階では、デザインや投稿する機能本体だけでなく、文字数の制御や環境依存文字の対応など、細かい部分でさまざまな考慮が求められ、ひとつひとつに対応していくのがとても大変でした。ですが、リリース後、それを利用したコメントの件数がじわじわと増えていくのを見ていると、ユーザーが実際に投稿している場面が思い浮かんで、何とも言えずうれしい気持ちになったことを覚えています。

 

システム開発は、日々が調査&トライ&エラーの繰り返しです。まだまだ知識不足から全く違う方向に行ってしまったり、行き詰まってしまうことも多いです。ですが、まわりの先輩方も愛情たっぷりに知恵を貸してくれますし、自分なりに調べたり、考えたりすることによって必ず答えにたどり着ける仕事だと感じています。これからもたくさんつまづきながら、使ってくれるユーザーの気持ちに寄り添えるようなものづくりをしてきたいと思っています。

見た目が素敵なのはデザイナーさんのおかげですが、こんなシンプルな画面の裏側にもいろいろな機能が隠れています。

  1. TOP>
  2. 採用情報>
  3. 先輩メッセージ>
  4. システムエンジニア