1. TOP>
  2. 採用情報>
  3. ◆先輩メッセージ>
  4. オズモール 企画営業

オズモール 企画営業

かかわったプランが販売開始30分で完売。
ユーザーに支持されるメディアの力を実感

 

学生時代からOZmagazineが好きでした。就職活動では、いろいろな会社を知ることができる機会だから、大好きなOZmagazineを作っているスターツ出版がどんな会社か知りたいと思い、説明会に参加。そこで初めてOZmallのことを知りました。ただレストランやホテルの情報を並べるのでなく、厳選した店舗だけを掲載することで誰かの特別な時間を演出できるのは素敵だし、自分がクライアントに働きかけることで、OZmallのユーザーを幸せにできることが面白いと感じました。

入社当初のミッションはホテルの新規営業。OZmallに掲載したい新規ホテルにアプローチし、掲載店舗を増やすことが目的でした。けれども私がアタックするホテルの支配人の方は、40〜50歳くらいの男性ばかり。30歳前後の女性がコアユーザーであるOZmallを知らない方が多く、はじめはどう魅力を伝えるべきかとても悩みました。先輩方に営業トークを確認してもらったり、営業に同行してもらってダメ出しを受けながら提案を続けました。結果、ホテルの支配人が「中山さんが何度も足を運んでくれたから、OZmallでの掲載を決めました」と言ってくださり、目標獲得件数を達成した時は、本当に嬉しかったです。

仕事でやりがいを感じるのは、なんといっても自分が関わった企画にユーザーからの反響を得られた時。印象深かったのは、2016年のクリスマスに実施したルームウェアブランド「gelato pique(ジェラート ピケ)」とのコラボ企画です。女子会ステイに新作ウエアをつけたセットプランで、自分の個人売り上げを維持しつつ、チーム全体が関わるプロジェクトを推進することの難しさを感じ、思うように業務をこなせない自分に歯がゆさを感じた時期もありました。しかし、編集やチームの人たちの協力のおかげで、販売開始後30分で完売に。OZmallが単なる予約サイトではなく、東京女子に支持されているメディアであるからこそ実現した企画であり、改めて、媒体として誇りを持てた出来事でした。

これを読んでくださっている方に伝えたいのは、就職活動は、慣れないことばかりで疲れることも多いけれど、最終的に自分がわくわくできる未来につながる準備期間だと信じて頑張れば、きっと納得できる結果になるということ。その未来がスターツ出版とつながっていたら、とても嬉しいです。

 

gelato piqueコラボ企画の特集ページ。リリースと同時に予約がどんどん入っていくあの瞬間の感動は忘れません。

  1. TOP>
  2. 採用情報>
  3. ◆先輩メッセージ>
  4. オズモール 企画営業